読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おだやかぐらし

シンプルにおだやかに毎日を過ごしたい

マキタ人気掃除機CL182FDRFWを徹底レビューしてみました

モノのこと 片づけ・収納のこと 家しごとのこと

f:id:odayakagurashi:20170129102642p:plain

昨年末に以前からずっと欲しかったマキタのコードレス掃除機を買いました。

これがもうすごく便利でもっと早く買えばよかった!と感動しています。

購入にあたっていろいろと調べましたがよくわからなかった部分を含めて徹底的にレビューしたいと思います。

購入を検討されている方の参考になればうれしいです。

 

買ったのはCL182FDRFWという機種です。

雑誌MONOQLOでもベストバイ掃除機に輝いた機種です(MONOQLO好き)

ちなみにトップの画像の掃除機を立てかけているスタンドは「タッタくん」という名前のマキタ専用スタンドです。

 

まずCL182FDRFWの使い方の説明をしていきたいと思います。

 

使い方

 最初は充電器にバッテリーをセットします。

f:id:odayakagurashi:20170129103328p:plain

こちらが充電器です。

コンセントに差すと緑のランプが点滅します。

f:id:odayakagurashi:20170129103421p:plain

バッテリーをセットしました。

赤のランプがついて約20分ほどでフル充電できます。

 

次に紙パックのセットです。

f:id:odayakagurashi:20170129103526p:plain

紙パックとゴミストッパーです。

購入時には高機能ダストパックという洗えば何度でも使えるパックがついているのですが、ごみ捨てが面倒なので付属していた紙パック(10枚入り)を使っています。

 f:id:odayakagurashi:20170129103912p:plain

ゴミストッパ―に紙パックをつけるとこんな感じです。

 f:id:odayakagurashi:20170129103959p:plain

ここが紙パックを入れる部分です。

 f:id:odayakagurashi:20170129104030p:plain

パカッと開けて…

 f:id:odayakagurashi:20170129104102p:plain

紙パックをセットします。

  f:id:odayakagurashi:20170129104204p:plain

そして充電が終わったバッテリーをこの部分にセットします。

 f:id:odayakagurashi:20170129104230p:plain

カチャッとセットされた音がするまで差し込めばOKです。

 

あとはON/OFFスイッチを押せば掃除開始です。

 f:id:odayakagurashi:20170129104526p:plain

 スイッチを入れるとLEDライトが点灯します。

暗いところを掃除するのに便利なのかな?

強と弱を選べますがわたしはいつも強で掃除しています。

 f:id:odayakagurashi:20170129104635p:plain

充電がなくなりかけると赤のランプが点滅しはじめるので充電をします。

(連続運転は約20分可能です)

 

吸引力について

 以前使っていた掃除機はアマゾンの掃除機ランキングで1位のTWINBIRDのTC-E123SBKという機種でした。

f:id:odayakagurashi:20170129105207p:plain

こちらはサイクロン式+コード式なのでかなり吸引力があります。

が!なにせコードが邪魔。

コードを動かしながら掃除するのが本当に面倒で…。

 

CL182FDRFWはサイクロンではなく紙パック+コードレスなので吸引力はどうなるのか気になりますがTC-E123SBKに負けず劣らずのハイパワーです。

 

コードレスなのにコードありと変わらない吸引力というのはやはり30Wのハイパワー機種だからでしょうか。

 

部屋の隅のホコリまでよくとれます。部屋の隅に関してはマキタの圧勝です。

 

肝心の騒音は?

 騒音ですが、ドライヤーのTURBOと同じくらいなので全然問題ないです。むしろマキタのほうが静かかも?

 

実際使ってみてどう?

 使い勝手は最高です。

コードを気にせず掃除したい場所からスイスイ掃除できる喜び!ヾ(*´∀`*)ノ゛

 

片手にマキタを持ってもう片手で家具を動かしてという動作がスムーズにできます。

 

重さはバッテリーが重いので手元に重心がかかる感じで慣れるまでは「あれ?ちょっと重い?」と思いますがすぐ慣れます。

バッテリー込みで重さは1.5キロほどです。

 

以前使っていた掃除機はノズルのほうにサイクロンのケースがあったので家具の下を掃除する時は一回どかさないと掃除できませんでしたが、マキタは家具の下もノズルが届いて綺麗に掃除できます。

 

ノズルが床に密着して掃除できるので「きちんと掃除できている」という手ごたえも抜群です。

 

ノズルは最近新しくなったそうで、新しいものにはmakitaのロゴが入っています。

お店によっては旧タイプのノズルのままのところもあるそうなので、事前に確認することをオススメします。

 

まとめ

総評としてはマキタのCL182FDRFWは買って大正解でした。

今まで億劫だった掃除機がけの時間が約半分の時間で済むようになり、快適度がアップしました。

 

ダイソンか東芝かでずいぶん悩んだのですが、今はマキタの仕事ぶりもデザインもとても気に入っています。

 

主婦のみなさんに人気のマキタ。参考になれば幸いです( ´ ▽ ` )ノ