読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おだやかぐらし

シンプルにおだやかに毎日を過ごしたい

料理初心者でもこのレシピ本2冊があれば大丈夫

二人暮らしを始めてから料理をちゃんとするようになって1か月ちょっとが過ぎました。

f:id:odayakagurashi:20160710202419p:plain

 使っているレシピ本はまずはこれ。

小田真規子さん著の「料理のきほん練習帳」です。

 

作っている手順ごとの写真とどこを気を付けていいかが赤字で書かれているのでとってもわかりやすいです。

レシピ本で迷っている方はまずはこの本をおすすめしたいです。

 

f:id:odayakagurashi:20160710202452p:plain

次にこれ。

同じく小田真規子さん著の「The 基本200」です。

先ほどの本で小田さんの本なら間違いないと思ったのとアマゾンでベストセラーになっていたのが決め手でした。

 

こちらは「料理のきほん練習帳」とほぼ構成は一緒なのですが、ほんのちょっとだけ説明がざっくりしています。

それでもこのとおりに作れば間違いないという基本中の基本の料理がたくさん載っています。

 

f:id:odayakagurashi:20160710202806p:plain

作った料理のひとつ。五目豆です。

 

 そして助かるページが「スピード副菜カタログ」!

どれも切って煮るだけとか合えるだけで出来てしまう簡単レシピがいっぱいなのに、どれも手の込んだ料理と同じくらいおいしいんです。

副菜何を作っていいか困ったー!という時はこのページに助けられています。

 

 

次に狙っているのは井上かなえさん著の「てんきち母ちゃんの朝10分、あるものだけでほめられ弁当」です。

夫の勤務体制が7月から変わり、お弁当を持っていくことになったのですが、お弁当用のレパートリーがないので、こちらの本を参考にしようと思っています。

 

最初は料理作るのが面倒でしょうがなかったのですが最近は慣れてきました。

おいしいって言ってもらえるとやっぱりうれしいので、料理初心者の試行錯誤は続きます。